西島悠也|福岡プラモデル研究会

会長 西島悠也の挨拶

 

西島悠也

 

 

 

「プラモデルには夢がある」

 

 

西島悠也は小さい頃、家があまり裕福ではなくプラモデルを買ってもらえなかった。

 

大人になってから本格的にプラモデルにハマり、今ではプラモデルなしでは生きていけない程愛していしまったのだ。

 

 

プラモデルには無限の可能性があると西島悠也は考える。

 

例えば、飛行機や電車など個人ではなかなか所有できないものでも、プラモデルでなら楽しめることが出来る。

 

さらにそれを一から組み立てることができて、思わぬ発見や知識を得ることが出来るのだ。

 

 

現実世界で出来ない事でもプラモデルでなら実現可能なところから「プラモデルには夢がある」と強く感じるのだ。